• 髪が復活 AGA治療1
  • 髪が復活 AGA治療2

AGAの原因になる還元酵素の抑制方法

おでこ

AGAになると、前頭部から頭頂部にかけて髪が抜けやすくなります。これは、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す還元酵素のII型5α-リダクターゼがこの部分の毛乳頭に存在しているからです。

医療機関ではこの還元酵素を抑制することで、DHTが作られないようにしていきます。薬を使って、酵素の働きを阻害します。さらに不足しやすいアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどを補えるようにオリジナルの治療薬を用意しているクリニックもあるようです。外用薬を使って、発毛を促進する治療も行います。

医療機関に行かずに自力で酵素を抑制したいのであれば、サプリメントを使うという方法もあります。有名なのがノコギリヤシで、昔から男性の滋養強壮に効果がある食べ物として用いられてきました。ノコギリヤシの成分の中のβシトステロールとオクサコタノールにはII型5α-リダクターゼの成分を抑制する作用があると言われています。このエキスをサプリメントして使ってAGA対策をする方法もあります。

他にも、アロエに含まれているアロインや、ミカンの皮に含まれているd-リモネンという成分にもII型5α-リダクターゼの働きを抑制する作用があるとされています。

AGAの原因となる酵素とは

抜け毛

AGAで髪が抜ける部位には、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが高濃度で存在しています。これがネアサイクルを短くする原因で、成長期を短くして髪の毛が短くて細いままになり、たくさん抜け落ちてしまいます。

DHTは男性ホルモンのテストステロンから作られるホルモンで、このDHTを増やしてしまう原因になるのがII型5α-リダクターゼという還元酵素です。

AGAの治療では、いかにこの酵素の影響でDHTを作らないようにするかが課題になります。治療のために使われる薬では、II型5α-リダクターゼ酵素の働きを阻害する作用があります。これが作用することでDHTが作られるのを防いで、ヘアサイクルを正常に戻すように促します。

II型5α-リダクターゼは前立腺と前頭部から頭頂部の毛乳頭に存在しているので、AGAが進行すると前頭部や頭頂部にかけて脱毛が起こりやすいです。

人によって分泌量には個人差がありますが、ほとんどは遺伝でその量が決まると言われています。活性を持つ遺伝子は優性遺伝子なので、父親か母親のどちらか一方でも活性がある遺伝子を持っていれば、生まれてくる子どもにもその遺伝子が受け継がれてしまいます。