• 髪が復活 AGA治療1
  • 髪が復活 AGA治療2

AGAの薬 MSDのプロペシア

薬

髪の毛の薄毛治療として有名なのがプロペシアです。日本ではMSD会社が販売を行っていて0.2mgと1mgがあります。海外だと0.2mgはありませんが、日本人にたいした臨床試験だとどちらでも効果に殆ど差がなかったため日本では0.2mgも販売されています。

AGA治療薬としてよく知られているプロペシアですが、薄毛や前立腺肥大の原因になるのが男性ホルモンのDHTです。プロペシアにはフィナステリドという成分が含まれていて、これは抗アンドロゲン薬(抗男性ホルモン薬)の一種で男性ホルモンのテストステロンをDHTに変換する5α-リダクターゼを阻害して、DHTの生成を抑えます。

つまり。プロペシアで薄毛の原因になるDHTの生成を抑えるので、薄毛の治療に効果があるとされています。

臨床試験でもプロペシアを飲んだ患者のうちの約6割に薄毛の改善が認められていて、残りの約4割の人は現状維持、薄毛の進行が抑えられた結果がでています。

約6割が改善して、約4割が現状維持したので薄毛の進行を抑える効果に関してはほぼ100%ともいえます。進行を押させる効果が確かにありますが、だからといって髪の毛がふさふさになるかは別です。

約6割が改善したといっても、改善にも著名改善と中程度改善、軽度改善が含まれていて前よりは濃くなったとしても、まだ薄いという人も含まれています。AGA専門の病院でもプロペシアだけで髪の毛がふさふさにまで改善する人は多くはないといっています。

予防が目的ならプロペシアだけも良いですが、かなり進行しているときはこれだけだと十分に改善するのは難しいです。