• 髪が復活 AGA治療1
  • 髪が復活 AGA治療2

髪が抜けるパターン

AGA治療をすれば

AGAが原因となって髪が抜けるときには、一定のパターンがあります。額の生え際や頭頂部から薄毛になってきたり、その両方から薄くなっていくときには、AGAの可能性が高いです。思春期以降に額の生え際や頭頂部、あるいはその両方から薄毛になってきたときには注意が必要です。

思春期以降ですから、若い方であってもAGAによる薄毛になる可能性はあります。遺伝や男性ホルモンの影響などを受けて薄毛になるため、若い方の方が進行が早くなる可能性があるため、気になる方は早めの対策が必要です。

AGAは進行性の脱毛症で、髪が太く長く成長する前に抜けるなどヘアサイクルに問題が生じてきます。放置しておくと薄毛が進行していきますので気付いたら早めに治療をしたほうがよいです。生え際や頭頂部が薄くなるといったこと以外にも、細くて短いうちに髪が抜けてしまう、毛根が痩せている、などといった変化も出てきます。生え際や頭頂部、あるいはその両方の髪が以前よりも薄くなっていて、抜け毛そのものにも異変を感じたときには、AGAの可能性があります。気付いたら、育毛シャンプーや育毛剤を使ったり、生活習慣を改善したり、病院で相談したりなどの対策をしましょう。