• 髪が復活 AGA治療1
  • 髪が復活 AGA治療2

髪を失いたくないなら食習慣

後退が進む

AGAで髪を失いたくないなら、普段食べている食べ物について真剣に考えてみたほうがいいです。食べ物なんて何を食べても同じというわけではありません。髪の毛も食べた物から作られていますし、作る過程でも食べ物のエネルギーが関与しているからです。

AGA対策で大切なのは、たんぱく質、鉄分、ビタミンB群、亜鉛です。たんぱく質は髪と同じ成分なので、摂取することで髪の栄養になります。鉄分は血液中の赤血球を増やすために必要な栄養素で、赤血球を増やすことで頭皮に栄養を届けやすくします。ビタミンB群は毛母細胞の働きを活発にして、発毛を促進させる栄養素です。亜鉛は薄毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の抑制、毛母細胞の働きを促進、たんぱく質の生成を促すなどの効果がある栄養素です。

中でも亜鉛が不足していると、AGAの原因になるDHTの量が増えてしまう可能性が高くなるので、亜鉛は大切です。ただし、亜鉛だけ摂取していればいいというわけではありません。

栄養素はそれぞれが関係し合いながら効果を発揮するものなので、バランスよく食べることが大切です。食事を見直せば、AGAの対策になったり、現在治療中の人なら治療効果が高くなるでしょう。