• 髪が復活 AGA治療1
  • 髪が復活 AGA治療2

テストステロンを増やすと髪の毛が増える

M字

AGAになる原因は、男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素と結びついたホルモンによるものと言われています。このホルモンは、髪の毛をつくり出す毛母細胞の働きを抑制してしまいます。テストステロン自体が、薄毛や抜け毛の原因になるわけではありません。むしろ、髪の毛を太くしたり、髪の毛を強くしたりする効果があると言われています。不足してしまうと、それを補おうとAGAの原因となるホルモンがつくられてしまいます。

そのため最近注目されているAGAの治療方法に、テストステロンの量を増やすという方法があります。十分な量があれば、AGAの原因となるホルモンの生成を抑制することができるからです。ではどうやって増やせばいいのかというと、睡眠や食事、運動などの生活習慣を改善することで増やすことができます。質のいい睡眠をしっかりとることで、その量が増加すると言われています。また、食事で髪の毛の元になるタンパク質を摂取することも重要です。ウォーキングやジョギングといった有酸素運動や筋力トレーニングを行うことでも量がアップすることが分かっています。

それから、亜鉛を含む牡蠣やレバー、牛肉、しじみなどの食材も効果的と言われています。